妊娠中・産後

「便秘を治したい。でも、お腹に赤ちゃんがいるから下剤は服用できない…。」

妊娠中・産後のつらい便秘の症状に頭を抱えていませんか。

妊娠中・産後はホルモンバランスの激しい変化により、便秘になりやすいといわれています。

とくに妊娠前に下剤をよく使用していた人は、すでに便秘が慢性化している状態にあります。

慢性便秘は、簡単なストレッチや運動だけでは改善されません。

そんなときに便秘茶は、とても役立ちます。

便秘に効くお茶は、便秘改善の強いサポート役となるので、妊娠中・産後のつらい便秘がナチュラルに治ります。

そもそも便秘茶ってなに?

便秘茶とは、その名のとおり便秘が改善されるお茶のことです。

便秘改善に有効な成分がたっぷり含まれていますので、腸内に溜まった便がしっかり排出されます。

しかし一括りに便秘茶といっても数多く種類があります。

ここでは、分かりやすいように大きく2種類に分けて説明していきます。

  • 下剤成分が含まれている便秘茶→即効性が高い
  • 腸内フローラを整える”グアーガム分解物”を含んだ便秘茶→ゆっくり効く

妊娠中・産後に使用するのであれば、後者の「腸内フローラを整えて便秘をナチュラルに改善する便秘茶」を選択する必要があります。

キャンドルブッシュやセンナなどの下剤成分が含まれている便秘茶」には下痢などの症状を起こす副作用があり、母子ともに悪影響を及ぼしかねないからです。

こちら

重ねていいますが、妊娠中・産後に便秘茶を使用するなら必ず下剤成分が含まれていない便秘茶を選びましょう。

妊娠中・産後はキャンドルブッシュ系の便秘茶を飲用できません

キャンドルブッシュ系の下剤成分が含まれている便秘茶には、下痢などの症状を引き起こす副作用があります。

飲用すると、母子ともに悪影響を及ぼしかねません。

次のように、国民生活センターでも注意喚起が促されています。

センノシドが配合されている医薬品は、妊婦または妊娠している可能性のある婦人には原則禁忌となっています。

キャンドルブッシュには、センノシドという下剤成分が含まれています。

妊娠中ないし産後に摂取すると、低カリウム血症を引き起こす可能性がありますので注意する必要があります。

キャンドルブッシュを含む便秘茶は低カリウム血症に…

低カリウム血症という病気をご存知でしょうか。

低カリウム血症とは、血液中のカリウム濃度が低下している状態のことをいいます。

妊娠中はつわりにより、産後は母乳により、母体のカリウムの量が減少しやすい状態にあります。

キャンドルブッシュなどの下剤成分は副作用として下痢の症状が起こるリスクがあり、さらにカリウムの量を減少させてしまう恐れがあります。

そのまま治療をおこなわないと循環器病にかかるリスクが加わるうえ、妊娠中の場合は早産や赤ちゃんの未熟性のリスクも高まります。

妊娠中・産後のキャンドルブッシュ成分の摂取は控えたほうがいいでしょう。

妊娠中に飲んではいけないお茶

まずは妊娠中に摂取してはいけないお茶の三大成分を紹介していきたいと思います。

カフェイン

妊娠中は、カフェインの分解に時間がかかり、胎盤を通じて赤ちゃんが摂取してしまいます。その結果、早期流産などを引き起こす可能性があります。

タンニン

妊娠中および産後にタンニンを過剰摂取すると、鉄の吸収が妨げられて、貧血を悪化させる可能性があります。

下剤成分

上述でも説明があるように、妊娠中および産後にキャンドルブッシュ系の下剤成分を摂取するのは原則禁止されています。

妊娠中および産後は、「カフェイン・タンニン・下剤成分」が一切含まれていないお茶が好ましいです。

ノンカフェイン タンニン不要 下剤成分不要
ルイボスティー
黒豆茶
ごぼう茶
はと麦茶
たんぽぽ茶 △(妊娠中×)
どくだみ茶 ×タンニン含む
ほうじ茶 △微量のカフェイン含む
プーアル茶 ×カフェイン含む ×タンニン含む
マテ茶 △微量のカフェイン含む ×微量のタンニン含む
センナ茶 ×下剤性成分含む

どくだみ茶、ほうじ茶、プーアル茶、マテ茶、センナ茶は、妊娠中の摂取を避けたほうが良いといわれているカフェイン・タンニン・下剤性成分が含まれています。

早産や流産などの危険性が高まりますので、摂取を避ける、または過剰摂取をしないことをおすすめします。

妊娠中および産後の便秘に効く安心のお茶

ルイボスティー

ノンカフェインに加えて、タンニン濃度も薄いため、妊娠中および産後でも飲用可能です。

ルイボスティーには、豊富なミネラルのほか、マグネシウムも含まれているため、便秘改善の効果が期待されます。

マグネシウムで腸の動きを活性化させて、ミネラルが腸に溜まった便をゆるやかに排出させます。

黒豆茶

ノンカフェインなので、妊娠中および産後でも安心して飲用できます。

黒豆茶には、オリゴ糖や食物繊維が豊富に含まれており、飲用を続けることで徐々に便秘の症状が緩和していきます。

ひとつ注意点が、黒豆茶には大豆イソフラボンが含まれているため、妊娠中に過剰に摂取するとホルモンバランスが乱れやすくなる恐れがあります。

妊娠中は、1日2〜3杯程度を目安に過剰摂取しないよう注意する必要があります。

ごぼう茶

ごぼう茶は、無害なお茶になりますから妊娠中でも安心して飲用できます。

ごぼう茶に含まれている「イヌリン」には、善玉菌を増やして腸内フローラを整える働きがあります。

はと麦茶

ノンカフェインでタンニンが含まれていないため、妊娠中でも安心して飲用できます。

白米の8倍に相当する食物繊維が含まれており、便のかさを増やしてスムーズに排出させます。

通常のお茶は便秘へのアプローチが弱い!?

これらのお茶は、妊婦でも飲むことができるほど体に優しい成分で作られています。

しかし実際のところ、便秘改善の効果が見られないことが多いです。

これには、お茶にはいっている有効成分の含有量が、不足していることが理由として挙げられます。

妊娠中の身体のことを考えると、どうしても便秘を解消する成分を抑えることになります。

妊娠中のしつこい便秘を改善するには、便秘茶ではなく 食物繊維による便秘解消がおすすめです。

最近では、体にも優しく便秘解消の効果も高い”グアーガム分解物”が話題になっています。

妊娠中・産後は「グアーガム分解物」で安心に便秘を改善

「グアーガム分解物」という次世代食物繊維を知っていますか。

通常の食物繊維が、新たに進化した成分が「グアーガム分解物」になります。

グアーガム分解物は、便秘改善に有効な成分として医療および介護現場で推奨されています。

通常の食事からの摂取が難しいため、飲料品からの摂取が好ましいです。

妊娠中・産後でも、ネスレの「ブースト毎日腸活」にてグアーガム分解物の摂取ができます。

下剤なしで妊娠中の便秘を改善するなら「ブースト毎日腸活」がおすすめ!

ブースト毎日腸活

  • グアーガム分解物5,200mgも配合
  • ノンカフェイン・タンニン不使用で安心
  • キャンペーン価格の1,000円(定期なし)で12本もお試しできる