コインチェック取引所の評価・特徴まとめ!手数料を抑えるコツを伝授

タレントの出川哲朗さんが出演するコインチェックのCMをきっかけに、ビットコインに興味を持った人もいるのではないでしょうか。

国内には様々な仮想通貨取引所があるので、各取引所の特徴やメリットを事前に知っておくことは大切です。

このページでは、コインチェックの評価や特徴について紹介したいと思います。

コインチェックにはどんな特徴がある?

コインチェックとは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所で、ビットコインを含む様々な仮想通貨を取り扱っています。

コインチェックが他の取引所と比べて優れている点を下記にまとめました。

  • 仮想通貨の取り扱い種類が日本一
  • 購入方法が明確で初心者でも使いやすい
  • ビットコイン取引所の手数料が安い

仮想通貨の取り扱い種類が日本一

現在コインチェックでは、ビットコインを含めて13種類の仮想通貨を取り扱っており、銘柄の数は日本一です。

2017年の1年間でリップル(XRP)は約328倍、ネム(XEM)は約253倍に跳ね上がった将来性の高い仮想通貨を多く取り扱っています。

購入方法が明確で初心者でも使いやすい

コインチェックはサイトが見やすく、仮想通貨の購入方法が明確で使いやすいと定評があります。

購入画面で買いたい仮想通貨の種類を選び、数量を入力し、購入ボタンを押す、という簡単な手順で完了するので、初めて取引する人でもストレスなく購入することができます。

ビットコイン取引所の手数料が安い

コインチェックでビットコインを購入する際、ビットコイン取引所を使えば取引手数料がかかりません。

投資対象がビットコインのみという人であれば、コインチェックのビットコイン取引所を使うのが賢明です。

セキュリティー対策にも力を入れている

コインチェックでは、犯罪目的の不正ログインを防ぐためにセキュリティー対策に力を注いでいます。

ユーザーアカウントが不正ログインによって被害に遭った場合、最大100万円まで補償するサービスを実施しているので、より安全に取引できるようになりました。

コインチェックの補償サービスは、二段階認証の設定をしているユーザーが対象になります。

仮想通貨の安全性に不安を感じて踏み込めなかったという人は、セキュリティー対策が万全のコインチェックでビットコイン投資を始めてみてはどうでしょうか。

コインチェックの手数料は?

コインチェックで仮想通貨取引をおこなう際、入金手数料、出金手数料、取引手数料など様々な手数料がかかります。

例えばコンビニから日本円を入金する場合、3万円未満の入金額で756円の手数料が発生します。

また仮想通貨を外部に送金するときも手数料がかかり、ビットコインであれば手数料は0.0005BTCです。1BTC=100万円とすると手数料は500円ということになります。

手数料を気にせず頻繁に出入金や送金をおこなうと、手数料が高額になってしまうので要注意です。

仮想通貨取引をするときに手数料を抑えるポイントは?

ビットコインなどの仮想通貨を取引するときに、手数料を抑えるポイントは下記の3点です。

  • スプレッドの仕組みを理解する
  • 販売所ではなく取引所を利用する
  • クレジットカードで購入しない

スプレッドの仕組みを理解する

スプレッドとは売値と買値の価格差のことを指します。

例えば仮想通貨の購入価格が10,000円で売却価格が9,000円であれば、スプレッドは1,000円ということです。

スプレッドは実質手数料になりますので、スプレッド分以上の値上がりをしないと利益を出せないという仕組みを覚えておきましょう。

販売所ではなく取引所を利用する

ビットコインを購入する際、販売所か取引所で購入するケースがほとんどになります。

販売所を介して購入すると、スプレッドが大きくなり価格が割高になってしまいます。ユーザー同士が時価で売買できる取引所で購入することが、手数料を抑えるコツです。

クレジットカードで購入しない

コインチェック販売所では、仮想通貨をクレジット払いで購入できるのですが、割高な販売所の購入代金に加えてクレジットカードの決済手数料を上乗せされてしまいます。

手数料を抑えるためには、クレジットカード払いは避けるべきでしょう。

入金手数料を安くしたいなら銀行振込がおすすめ

コインチェックでビットコインや他の仮想通貨を売買するには、まず口座を開設して日本円を入金する必要があります。

入金方法は銀行振込、コンビニ入金、クイック入金から選べるのですが、入金手数料が最も安いのは銀行振込です。

銀行振込での入金は事前に済ませておき、いざというタイミングを逃さず購入するのが投資をする上での重要ポイントです。

手数料を抑える方法をふまえた上で、賢く仮想通貨取引をおこないましょう。

SNSでもご購読できます。