ビットコインの購入方法・買い方を分かかりやすく解説

何かと話題を集めている仮想通貨のビットコインですが、買い方が分からなくて購入に踏み切れていない人も多いのでないでしょうか。

今から始めても決して遅くはありませんので、まずはビットコインの購入方法を学んだ上でビットコイン投資を検討してみてはいかがでしょうか?

ビットコインの購入方法は?

ビットコインは言わずと知れた世界中で使える仮想通貨で、ビットコインを扱っている日本国内の販売所や取引所などを通じて購入することができます。

ビットコインの購入方法は以下の通りです。

  • 販売所・取引所
  • OTC取引(仲介を通さない個人同士の売買)
  • クレジットカード
  • コンビニ
  • ビットコインATM

ビットコインは、取引所などを仲介を通さず個人同士で売買するOTC取引や、クレジットカードや一部のコンビニで購入することも可能です。

これからビットコインを始めるという初心者は、販売所や取引所を利用すると手軽かつ安全に購入できるのでおすすめです。

なお販売所や取引所を利用するには、口座を開設する必要があります。

口座を開設したら現金を取引所に預けて、そのお金でビットコインを購入する流れになります。

販売所や取引所を利用するのが主流

ビットコインは販売所や取引所を介するのが主流の購入方法です。

では販売所と取引所にはどんな違いがあるのでしょうか。

販売所はインターネット上でビットコインを売っている「売店」で、取引所はビットコインを売買する「マッチング会場」という表現がイメージしやすいと思います。

  • 販売所=売店
  • 取引所=売買のマッチング会場

販売所とは、ビットコインを販売している販売会社のことです。

販売所を介してビットコインを購入する場合、販売会社が手数料を上乗せしているため時価より割高ですが、売買をしている相手と金額が明確というメリットがあります。

一方の取引所とは、インターネット上でビットコインの売り手と買い手のマッチングをする場所です。

取引所は株の売買と構造が同じで、集まっている売り手と買い手の価格が一致すれば取引が成立します。

取引が成立しなければ購入できないデメリットがありますが、ビットコインを安く購入して高く売却できるメリットがあります。

販売所より取引所で購入するほうが手数料が安くてお得!

販売所の取引所の違いについて説明しましたが、どちらでビットコインを購入すべきか決めかねている人もいることでしょう。

ビットコインは取引所で購入するほうがお得です。

投資を目的にビットコインを購入するなら、安く買って高く売る賢い運用が必須です。

取引所では、価格を指定した注文方法である指値注文ができるので、安値で購入して高値で売却することが可能です。

販売所はビットコインの値段が暴落したときに役立つ!

取引所のほうがお得なら販売所は必要ないと思ってしまいがちですが、販売所はビットコインの値段が暴落したときに役に立ちます。

2017年はビットコインの価格が高騰したことで話題になりましたが、今後価格が暴落する可能性はゼロではありません。

価格が暴落した場合、売り注文が殺到して取引所が混乱して機能しなくなる危険性があります。

非常時は安定して売り買いできる販売所が役に立つということを覚えておきましょう。

ビットコインはクレジットカードやコンビニでも購入できる?

販売所や取引所の口座があれば、クレジットカードやコンビニを利用してビットコインを購入することもできます。

対応しているコンビニはローソン、ミニストップ、セイコーマート、ファミリーマートで3,000円から購入可能です。

なお東京都心を中心にビットコイン専用のATMが設置されている場所がありますが、地方には設置店がないのが現状です。

ビットコインの最低購入単位は?いくらから買える?

ビットコインを購入するときの最低購入単位は取引所によって異なり、今後も変動する可能性がありますが、国内の取引所では0.0001BTCが最低購入金額になります。

1BTCを100万円と仮定すると0.0001BTC=100円なので、いきなり大金を使うのは抵抗があるという人でも安心して購入することができます。

実際に取引所では0.1BTC以下の売買がおこなわれることはめずらしくありません。

ビットコインを購入するための口座開設の手順

ビットコインを始めようか決めかねている人の中には、購入するときの口座開設が面倒くさそうだと思っている人も多いのではないでしょうか。

ビットコインの口座を開設する手順はとてもシンプルで簡単です。

ビットコインの口座を個人で開設する手順は以下の通りです。

  1. 取引所や販売所の公式サイトでアカウント登録する
  2. 登録確認メールのリンク先に飛ぶ
  3. 本人確認書類を提出
  4. 自分名義の銀行口座を登録する
  5. 入金する

なお、3.の本人確認書類は、「氏名」「住所」「生年月日」が明記された顔写真付きの身分証明書1種類か、顔写真無しの身分証明書2種類になります。

登録する時間は5分とかかりません。自宅にパソコンがなくてもスマホから登録できるので、ランチタイムや通勤電車の中などの隙間時間を使って口座を開設することが可能です。

失敗しないビットコインの始め方!初心者でも安心の投資ガイド

ビットコインに関心はあるものの、「難しそう」という理由から始めようか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

ビットコインを始めるときに必要な知識を身につけておけば、投資初心者でも安心してビットコインを始めることができます。

ビットコインを始める前に知っておきたい3つの注意点

これからビットコインを始めようと検討している人は、始める前に知っておくべき3つの注意点があります。

まずは大手銘柄ビットコインから始めよう

仮想通貨の知識に自信のない人が仮想通貨の購入するなら、まずは大手銘柄のビットコインから始めることをおすすめします。

仮想通貨の中には「草コイン」と呼ばれる発展性が不透明なアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)がありますが、将来的に無価値になってしまう可能性もあり、知識のない初心者にはハイリスクであるため避けたほうがいいでしょう。

チャンスを逃さないために口座開設だけはしておく

一時ビットコインは1BTC(ビットコインの単位)200万円を超える最高値を更新して大きな話題を呼びました。

今後は乱高下が予想されますが、チャンスが来たら即座に取引できるように口座開設だけはおこなっておくのが得策です。

リスクを抑えた少額投資から始める

現在も約170〜180万円の高値を推移しているビットコインですが、これから取引を始めるのに180万円をつぎ込む必要はありません。

国内の取引所では、最低取引単位が0.0001〜0.001BTCに設定されており、数百円から数千円程度の売買から取引可能です。

初めてのビットコイン投資で大金を使うことに不安を感じている人は、リスクを抑えた少額取引でまずは投資に触れてみてはどうでしょうか。

今更だけどビットコインとは?

ビットコインとは、インターネット上で使える通貨=お金のことです。

円やドルのように紙幣や貨幣としての実態がないため、仮想通貨と呼ばれています。

円やドルなどの通貨同様にビットコインにも単位があり、1ビットコインは1BTCと表記されます。

ビットコインはインターネットができる環境であれば世界中で使用ができる上、取引次第で多大な利益を得ることができる魅力的な投資商品です。

まずはビットコインの口座を開設してみよう

ビットコインを購入するには、始めにアカウントを作成して取引するための口座を開設する必要があります。

口座開設の手順は取引所によって多少違いはありますが、国内大手の取引所では主に以下の流れで開設することが可能です。

  1. アカウント作成
  2. 本人情報登録
  3. 本人確認書類等の提出
  4. 取引所から郵便物の受取

国内の全仮想通貨取引所ではアカウント開設を無料でおこなうことができます。

口座開設の際に用意しておくべきもの

アカウントの開設ができたら、次は本人確認をおこないます。

ビットコイン取引所に口座を開設するには、氏名、住所、生年月日が確認できる本人確認書類が必要です。

本人確認書類として使える身分証明書は以下になります。

  • 運転免許証(現住所が表面記載と異なる場合は裏面も必要
  • マイナンバーカード(マイナンバー通知カードは利用不可)
  • パスポートまたはビザ(氏名、住居、生年月日の記載があるもの)
  • 在留カード(現住所が表面記載と異なる場合は裏面も必要)
  • 特別永住者証明書

本人確認書類は取引所によって登録方法が異なるので、各取引所の指示に従って登録しましょう。

ビットコインを買ってみる

ビットコインの口座を開設できたら、実際にビットコインを買ってみましょう。

ビットコインの購入方法は、仮想通貨を扱っている取引所や販売所を介する方法と

仲介を通さない個人同士で売買するOTC取引などがあります。

またはクレジットカードやコンビニ、ビットコインATMでも購入することが可能です。

ビットコイン投資はリスクを知っていれば失敗しない!

ビットコイン投資で考えられるリスクは以下の通りです。

  • 価格暴落
  • ハッキングや詐欺

現在、価格が高騰しているビットコインですが、価格が暴落する可能性はゼロではありません。

しかしビットコインはまだ発展途上であり、複数の衛星を使って全ての国でビットコインのやり取りができるようにする「ブロックストリーム・サテライト計画」も発表され、実現すれば利用者が増えてさらに通貨の価値は上がると考察されます。

とは言っても、生活で必要な資金までビットコインにつぎ込むようなことは避け、余剰資金で運用するようにする意識を持つことも重要です。

また最近は仮想通貨のハッキングや詐欺が横行しています。しかしセキュリティレベルの高い大手の取引所を介して取引するのであれば、ハッキング被害に遭う危険性は極めて低いと言えます。

個人同士の売買をおこなうときは公共のWi-Fiの利用を避け、SNS等で儲け話を持ちかけられても信用しないなど、普段から警戒心を持つことが大切です。

これからビットコインを始めるなら、常に最新情報を収集することを心がけて賢く運用しましょう。

ビットコイン取引所の比較ランキング!初心者におすすめの取引所は?

ビットコインに関連するニュースやテレビCMが増え、自分も始めてみようと興味を持った人は多いのではないでしょうか。

しかし、現在ビットコインを扱う国内の仮想通貨取引所は16社ありますので(2017年12月末時点)、素人がをどの取引所を選ぶべきか判断するのが難しいですよね。

今回は、ビットコイン初心者でも安心して使える仮想通貨取引所について紹介したいと思います。

仮想通貨取引所を選ぶときに失敗しないためのポイント

失敗しないビットコイン取引所の選ぶときは下記の5点を意識するようにしましょう。

  • 安全性
  • 入金方法など使いやすさ
  • 取引量の多さ
  • 手数料
  • 取扱商品の種類の豊富さ

仮想通貨はお金=資産ですので、安全性の高さは一番重要なポイントなのではないでしょうか。

取引量が多い取引所であるかも注目すべき点です。取引が多いということは、それだけユーザー数も多いため売買が成立するのが早くなるからです。

ビットコイン投資は安く買って高く売ることで利益を出すので、取引でかかる手数料をなるべく抑えて利ざやを減らさないことが運用のコツになります。

取扱商品の種類については、イーサリアムやリップルなどビットコイン以外にも価値が上がってきている仮想通貨がありますから、あらかじめ仮想通貨の種類が多い取引所を選ぶのが得策です。

ビットコイン取引所の主要各社を徹底比較

ビットコイン取引所の最大手3社についての基本情報は以下の通りです。

取引所名 取扱仮想通貨数 手数料 入金方法
ザイフ 12種類 -0.01% 銀行/コンビニ/クレジットカード
コインチェック 13種類 0円  銀行/コンビニ/ペイジー/クレジットカード
ビットフライヤー 6種類 0円  銀行/コンビニ/ペイジー/クレジットカード

ザイフは取引をするほど手数料がもらえる「マイナス手数料」の制度を設けているほか、希望の金額を積み立てる「ザイフコイン積立」サービスがあるので、積極的に投資するより徐々に増えしたい人にはおすすめです。

コインチェックは扱っている仮想通貨13種類と最も多く、様々な仮想通貨を検討している人に適しています。さらに不正ログインでの損失を最大100万円まで保証してくれるので安全面でも優良取引所であることが分かります。

ビットフライヤーは日本では一番歴史のある取引所で、資本力は国内トップクラスです。ログインするだけでビットコインがもらえるキャンペーンを開催するなど登録するだけでメリットがあるのが特徴です。

初心者でも安心のおすすめ取引所ランキング

上記で説明した取引所を選びのポイントと主要取引所の基本情報を踏まえ、ビットコインを始めるときにおすすめの取引所ランキングを作成しました。

1位 コインチェック
2位 ザイフ
3位 ビットフライヤー
4位 GMOコイン
5位 ビットバンク

上記の主要各社はそれぞれ特徴が異なります。私自身は5社全てに登録して利用目的で使い分けています。

複数の取引所に登録した利益を出せるチャンスを待ちましょう。

海外の取引所も登録したほうがいいのはなぜ?おすすめ取引所は?

国内のビットコインユーザーは、上記で紹介した主要取引所を利用している人がほとんどだと思いますが、国内の取引所はアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)の取り扱いが少ないのが現状です。

国内で最も仮想通貨の取り扱い種類が多いコインチェックが13種類であることに対して、海外では200種類以上の通貨を取引所もあります。

もし将来的にビットコインだけでなく他の仮想通貨も始めることを検討しているなら、取扱通貨の数が多い海外の取引所を登録しない手はありません。

国内取引所はビットコイン以外の取引手数料が割高

上記の比較表でビットコイン手数料について触れましたが、国内取引所で手数料が安いのはビットコインのみだということをご存じでしょうか。

国内の仮想通貨取引所では、手数料が割高になる「販売所」でしか取引できないアルトコインがあるため手数料が高くついてしまいます。

登録しておくべき海外の仮想通貨取引所おすすめ3社

Binance(バイナンス)取扱通貨 80種類以上
Bittrex(ビットレックス)取扱通貨 200種類以上
Kraken(クラーケン)取扱通貨 17種類

海外取引所の利用を避けてしまう要因の一つが英語表記なのですが、バイナンスとビットレックスは日本語に対応しているので安心です。

クラーケンは取扱通貨の種類こそ17種類と少ないものの、日本語対応も万全で日本円での入金もできるメリットがあります。

国内の取引所をメインに海外取引所を使い分けるのがコツ

海外取引所はアルトコインの取引するときに利用価値が高いですが、これから仮想通貨取引を始めるという人は、まずは国内取引所でビットコインを始めるほうが堅実です。

とは言え、アルトコインは将来的に何十倍、何百倍と価値が上がる可能性があります。

国内・海外の取引所をどちらも使えるように準備しておけば、仮想通貨取引で利益を上げるチャンスが広がるということを理解しておきましょう。