ビットコインの購入方法・買い方を分かかりやすく解説

何かと話題を集めている仮想通貨のビットコインですが、買い方が分からなくて購入に踏み切れていない人も多いのでないでしょうか。

今から始めても決して遅くはありませんので、まずはビットコインの購入方法を学んだ上でビットコイン投資を検討してみてはいかがでしょうか?

ビットコインの購入方法は?

ビットコインは言わずと知れた世界中で使える仮想通貨で、ビットコインを扱っている日本国内の販売所や取引所などを通じて購入することができます。

ビットコインの購入方法は以下の通りです。

  • 販売所・取引所
  • OTC取引(仲介を通さない個人同士の売買)
  • クレジットカード
  • コンビニ
  • ビットコインATM

ビットコインは、取引所などを仲介を通さず個人同士で売買するOTC取引や、クレジットカードや一部のコンビニで購入することも可能です。

これからビットコインを始めるという初心者は、販売所や取引所を利用すると手軽かつ安全に購入できるのでおすすめです。

なお販売所や取引所を利用するには、口座を開設する必要があります。

口座を開設したら現金を取引所に預けて、そのお金でビットコインを購入する流れになります。

販売所や取引所を利用するのが主流

ビットコインは販売所や取引所を介するのが主流の購入方法です。

では販売所と取引所にはどんな違いがあるのでしょうか。

販売所はインターネット上でビットコインを売っている「売店」で、取引所はビットコインを売買する「マッチング会場」という表現がイメージしやすいと思います。

  • 販売所=売店
  • 取引所=売買のマッチング会場

販売所とは、ビットコインを販売している販売会社のことです。

販売所を介してビットコインを購入する場合、販売会社が手数料を上乗せしているため時価より割高ですが、売買をしている相手と金額が明確というメリットがあります。

一方の取引所とは、インターネット上でビットコインの売り手と買い手のマッチングをする場所です。

取引所は株の売買と構造が同じで、集まっている売り手と買い手の価格が一致すれば取引が成立します。

取引が成立しなければ購入できないデメリットがありますが、ビットコインを安く購入して高く売却できるメリットがあります。

販売所より取引所で購入するほうが手数料が安くてお得!

販売所の取引所の違いについて説明しましたが、どちらでビットコインを購入すべきか決めかねている人もいることでしょう。

ビットコインは取引所で購入するほうがお得です。

投資を目的にビットコインを購入するなら、安く買って高く売る賢い運用が必須です。

取引所では、価格を指定した注文方法である指値注文ができるので、安値で購入して高値で売却することが可能です。

販売所はビットコインの値段が暴落したときに役立つ!

取引所のほうがお得なら販売所は必要ないと思ってしまいがちですが、販売所はビットコインの値段が暴落したときに役に立ちます。

2017年はビットコインの価格が高騰したことで話題になりましたが、今後価格が暴落する可能性はゼロではありません。

価格が暴落した場合、売り注文が殺到して取引所が混乱して機能しなくなる危険性があります。

非常時は安定して売り買いできる販売所が役に立つということを覚えておきましょう。

ビットコインはクレジットカードやコンビニでも購入できる?

販売所や取引所の口座があれば、クレジットカードやコンビニを利用してビットコインを購入することもできます。

対応しているコンビニはローソン、ミニストップ、セイコーマート、ファミリーマートで3,000円から購入可能です。

なお東京都心を中心にビットコイン専用のATMが設置されている場所がありますが、地方には設置店がないのが現状です。

ビットコインの最低購入単位は?いくらから買える?

ビットコインを購入するときの最低購入単位は取引所によって異なり、今後も変動する可能性がありますが、国内の取引所では0.0001BTCが最低購入金額になります。

1BTCを100万円と仮定すると0.0001BTC=100円なので、いきなり大金を使うのは抵抗があるという人でも安心して購入することができます。

実際に取引所では0.1BTC以下の売買がおこなわれることはめずらしくありません。

ビットコインを購入するための口座開設の手順

ビットコインを始めようか決めかねている人の中には、購入するときの口座開設が面倒くさそうだと思っている人も多いのではないでしょうか。

ビットコインの口座を開設する手順はとてもシンプルで簡単です。

ビットコインの口座を個人で開設する手順は以下の通りです。

  1. 取引所や販売所の公式サイトでアカウント登録する
  2. 登録確認メールのリンク先に飛ぶ
  3. 本人確認書類を提出
  4. 自分名義の銀行口座を登録する
  5. 入金する

なお、3.の本人確認書類は、「氏名」「住所」「生年月日」が明記された顔写真付きの身分証明書1種類か、顔写真無しの身分証明書2種類になります。

登録する時間は5分とかかりません。自宅にパソコンがなくてもスマホから登録できるので、ランチタイムや通勤電車の中などの隙間時間を使って口座を開設することが可能です。

リップルの買い方とおすすめの取引所|今後の将来性についての最新情報

国内のアルトコイン取引量第1位であるリップルコイン。

ビットコインバブルの影響を受け、リップルは昨年よりも300倍に値上がりしました。

将来性のあるコインと期待され、リップルコインを購入する投資家が増えています。

今回は、「リップルコインが購入できる取引所」から「今後の将来性についての最新情報」までを紹介したいと思います。

仮想通貨のリップルとは一体なに?

リップル(Ripple)とは、ビットコインと同様の仮想通貨のひとつになります。

リップル社によって開発された送金プルトルコ(国際送金ネットワーク)であり、XRPがリップルの通貨単位になります。XRPは、「ゲートウェイ」と呼ばれる業者を介して現金やビットコインとの交換も可能です。

銀行間の国際送金を緩和させる目的で作られ、これまで遅いうえに手数料が高かった国際送金のシステムが、リップルというフィンテックによって変わろうとしています。

ゆうちょ銀行などの国際送金を利用した場合、送金日+1〜3日かかっていたのですが、リップルを利用すればたった4秒で送金処理が完了します。

リップルを購入するなら取引所がおすすめ

仮想通貨のリップルは、取引所からの購入をおすすめします。

リップルを購入する方法は、「取引所」「販売所」「OTC取引(取引所を介さない取引)」など様々な方法があります。

取引所や販売所から購入するのが一般的ですが、中でも取引所は専用サイトを介して一般ユーザーから直接購入するため取引手数料が安くなります。

・リップルを購入するのにおすすめの取引所

仮想通貨のリップルは、次の取引所から購入することができます。

  • CoinCheck(コインチェック)
  • bitbank.cc(ビットバンク)
  • GMOコイン
  • Bit Trade(ビットトレード)

上述の中でもビットバンクは、リップルなどの売買手数料が安いことから定評があります。

ビットバンクでリップルを購入した場合、たとえば売買手数料・入金手数料が無料で出金する場合のみ「0.15 XRP」の手数料が発生します。

2018年1月17日の現在においてリップルの相場は132.78円となっていますので、132.78円×0.15XPR=19.917円。つまり約19円が出金手数料になるわけですから、やはり取引所であれば手数料が安く済むことが分かります。

取引所の購入方法はとても簡単

取引所を介して一般ユーザーから購入するといっても、面倒なやり取りをする必要はありません。
「板」という売買情報をみて希望額での購入ができるほか、指値注文といって「◯◯円になったら購入する、◯◯円になったら売却する」という予約のような方法でも購入できます。

また、取引所の口座開設もとても簡単で、身分証明書と自身と身分証明書をスマホで撮影してアップロードするほか、必要事項を記入するだけです。

あとは口座開設を知らせるハガキが自宅に届けば、リップルを実際に購入することができます。

口座開設の手続きは無料でできますので、まずは気になる取引所を利用して投資に触れてみることが大切です。

リップル(XRP)の今後の将来性と最新情報

2017年12月22日のクリスマス前、リップルは初めて100円代(1.37ドル)を突破して高値を付けました。現在において時価総額430億ドルで、世界第4位の仮想通貨とされています。

2017年12月は480%もの高騰がみられた

同月のリップルの価格は0.24ドルだったのが、22日には1.37ドルになったので470%も上がったことになります。

リップル以外のアルトコインも同日に価格高騰しており、まさに仮想通貨バブルが起きていました。

2018年1月から急落してしまった

リップルは価格相場が高騰したものの、年明け1月16日から相場価格の急落が起こりました。

リップルは一時33%安になり、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨も軒並み価格が急下しました。

リップルの仮想通貨バブルは弾けたのか!?

リップルなどの価格急下が起こりましたが、まだまだ仮想通貨の価格相場が高騰する可能性はあります。

リップルのような国際送金システムを求めている人は多く、現在においては個人投機家が参入していますが今後は機関投資家の参入が予想されます。

今後もリップルなどの仮想通貨の利便性はさらに向上する可能性があり、相場が持続することが期待されます。

イーサリアムの買い方とおすすめの取引所|今後の将来性について解説

ビットコインなどの仮想通貨に関して知識を持ち始めると、イーサリアムというアルトコインにも関心が湧いてくるのではないでしょうか。

このページでは、「イーサリアムとはどんなアルトコインなのか」から「イーサリアムの購入ができる取引所」まで紹介しています。

イーサリアムとは|アルトコインの中でも目が離せないコイン?

そもそも仮想通貨はビットコインとアルトコインに分かれており、イーサリアムはアルトコインのひとつです。

イーサリアムはビットコインの次に時価総額が大きいと言われており、今後の成長から目が離せません。

2015年7月にリリースされたイーサリアムは、2016年1月の時点で100円代でしたが、2017年5月には半年間で40倍近く高い値をつけました。

ビットコイン投資をはじめたばかりの人も注目しているため、今後も価値が上がっていく可能性は十分考えられるでしょう。

イーサリアムの買い方とおすすめの取引所

イーサリアムは現在注目されているアルトコインですが、どこで購入すればいいのかわからないという人もいると思います。

イーサリアムを購入できる取引所の中でも、おすすめの5社を紹介していきましょう。

・ビットフライヤー
・コインチェック
・GMOコイン
・ザイフ
・みんなのビットコイン

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは国内で最多の取引量とユーザー数を誇る、大手の取引所です。

ビットフライヤーでイーサリアムの売買をするときは、取引所と販売所の2ヶ所で購入できます。

取引所も販売所も売買手数料は無料ですが、スプレッドと呼ばれる見えない手数料の金額が違うため要注意です。

取引所で購入すると、おおよそレートの1〜2%がスプレッドになりますが、販売所で購入するとレートの約10%がスプレッドとして取られます。

販売所と取引所の2ヶ所で購入できるのはビットフライヤーのみですが、安易に販売所を選択しないように気をつけましょう。

coincheck(コインチェック)

コインチェックは、国内で最多の仮想通貨を取り扱っている取引所です。

コインチェックもイーサリアムの売買手数料は無料ですが、購入できるのは販売所のみです。

売買するとレートの約6〜7%がスプレッドになると言われていますが、販売所のみの購入なので高めになると理解しておきましょう。

GMOコイン

GMOコインは、インターネットサービスを提供しているGMOグループによる仮想通貨取引所です。

GMOコインでイーサリアムの購入ができるのは販売所のみになり、売買手数料は無料です。

イーサリアムの売買にかかるスプレッドは2,000円で固定されており、多額の投資をしたい人におすすめの取引所になります。

Zaif(ザイフ)

ザイフはビットフライヤーやコインチェックに続き、国内で人気を集めている取引所のひとつです。
日本円でもイーサリアムを購入できるザイフは、取引所でのみ売買ができます。

スプレッドはレートの0.5〜1%なので、他の仮想通貨取引所にある販売所で購入するよりも安くおさえられるのが魅力ではないでしょうか。

みんなのビットコイン

みんなのビットコインは、トレイダーズホールディングスの子会社であるトレイサーズベストメントの子会社です。

イーサリアムの購入は取引所のみになり、売買手数料は0.25%かかります。

しかし取引所なので販売所よりもスプレッドが安く、数百円〜千円程度で済ませられます。

販売所と取引所で購入できるビットフライヤーがおすすめ!

イーサリアムが購入できる取引所を紹介してきましたが、取引所と販売所を2つ構えているのはビットフライヤーのみです。

手数料やスプレッドを考えると他の取引所のが安いと感じるかもしれませんが、いざというときに併用できるとリスクが軽減されます。

取引所のみの売買だと売れなくなる可能性がありますし、販売所のみだと直近で利益を生むことができません。

イーサリアムの購入においては、販売所も取引所もあるビットフライヤーを利用するのがおすすめです。

イーサリアムの将来性は?購入しておかないともったいない?

イーサリアムについて紹介してきましたが、イーサリアムの将来性について不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

イーサリアムはアプリケーションを開発するプラットホームとしているため、ブロックチェーンと呼ばれる分散型ネットワークへの書き込みが可能です。

何でも書き込みができる点が長所でもあり短所でもあるため、過去にシステムが何度か攻撃を受けています。

しかし日本ではトヨタ自動車などがイーサリアムの企業連合へ加入し、イーサリアムのブロックチェーンシステムを利用していくと言われています。

今後も大手の会社がイーサリアムの企業連合に加入する見込みがあるため、成長を期待してもいいアルトコインなのではないでしょうか。

アルトコインの購入方法と買い方を投資初心者にもわかりやすく解説

アルトコインは、ビットコイン以外の仮想通貨のことをいいます。

アルトコインは、手数料の安い「取引所」から購入するのが一般的ですが、「販売所」から購入する方法もあります。

今回は、アルトコインの購入ができるおすすめの取引所を中心に「アルトコインの購入方法と買い方」から「おすすめのアルトコイン銘柄」までを紹介していきたいと思います。

アルトコインの購入方法と買い方

アルトコインは、取引所および販売所からの購入が可能です。

取引所から購入する

専用アプリを通じて会員登録をするだけでアルトコインが購入できる「取引所」。

取引所と聞くと銀行のように店舗を構えているイメージを持つかと思いますが、オンラインでアルトコインやビットコインを売買していきますので、実店舗は存在しません。

取引所というサイトが仲介の役割を持ち、一般ユーザー同士がアルトコインなどの仮想通貨を売買していきます。

販売所から購入する

取引所が一般ユーザーから仮想通貨を購入するのに対して、販売所は運営会社から仮想通貨を購入します。

運営会社から直接購入したほうがスプレッド(取引手数料)が安くなるイメージがあるかと思いますが、その反対で手数料が割高になります。

投資は、安く買って、高値で売ることで儲けを出していきます。

手数料が割高になると利ざやが減少するわけですから、仮想通貨投資家は販売所よりも取引所からの購入を好む傾向にあります。

投資初心者は取引所からの購入がベター

販売所よりもスプレッドが安いという理由から、投資初心者はまず取引所からアルトコインを購入する場合が多いです。

取引所のアカウント開設はとても簡単で、身分証明書と合わせて自身と身分証明書が一緒に写った画像をアップロードして、氏名および住所などの必要事項を記入するだけです。

後日、口座開設を知らせるハガキが自宅に届き、これを受け取り次第アルトコインの売買が開始できます。

一括りに取引所といっても、国内で16社を超える取引所がありますので、取扱銘柄や手数料などを比較して、評判の良いところを選択していきましょう。

アルトコインが買えるおすすめの取引所ランキング

下記の取引所では、ビットコインのほか、アルトコインの取り扱いもあります。

  • ビットフライヤー
  • ザイフ
  • ビットフライヤー

それぞれ取り扱いのあるアルトコインが異なり、またアルトコインの銘柄によって手数料も異なります。

取引所はひとつに絞るのではなく、複数でアカウント開設をしておいて条件の合うもの、手数料の安いところを利用するのが一般的です。

上記3つでアカウント開設をしておけば、将来性のあるアルトコインを網羅することができます。

アルトコイン(仮想通貨)のおすすめの銘柄は?

リップル(XRP)


かつてアルトコインの第1位はイーサリアムでしたが、リップルが追い抜き現在トップを独走しています。

2018年1月4日に高値を更新し、時価総額がビットコインに次いでいます。世界全体の取引量の半数が韓国とされており、韓国の動向がリップルの時価総額に大きく影響する傾向にあります。

現在リップルは下落し、値下がりを見せていますが、投資は安く買って高く売るのが基本ですから、安いうちに買っておくには頃合いだと考察されます。(2018年1月17日時点)

イーサリアム(ETH)


現在において、リップルに次いでイーサリアムの時価総額がアルトコイン取引量第2位を記録しています。

イーサリアムもまたリップルと同様に2桁以上急落していますが、仮想通貨市場においてジェットコースターのように下がって上がることは良くあり、先月のクリスマス前のように急落後に時価総額が回復する可能性はあります。

ネム(NEM)


アルトコインのリップルと並ぶ人気がネムにもあります。1年間で360倍にも価格相場が膨れ上がり、節目の100円代を超えています。

ビットコインの次の仮想通貨としてネムのさらなる高値に期待が高まっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)


ビットコインから分裂して誕生した仮想通貨がビットコインキャッシュになります。ビットコインキャッシュもまたクリスマス前に急騰し、今後もさらなる値上がりの加速が予測されます。

現在の時価総額4位のビットコインキャッシュですが、リップルおよびイーサリアムの下りが続いている中で急伸しています。

また新たにビットコインから分裂したビットコインキャンディが2018年1月13日前後に誕生することが明らかとなり、今後の動向に注目が高まっています。

コインチェック取引所の評価・特徴まとめ!手数料を抑えるコツを伝授

タレントの出川哲朗さんが出演するコインチェックのCMをきっかけに、ビットコインに興味を持った人もいるのではないでしょうか。

国内には様々な仮想通貨取引所があるので、各取引所の特徴やメリットを事前に知っておくことは大切です。

このページでは、コインチェックの評価や特徴について紹介したいと思います。

コインチェックにはどんな特徴がある?

コインチェックとは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所で、ビットコインを含む様々な仮想通貨を取り扱っています。

コインチェックが他の取引所と比べて優れている点を下記にまとめました。

  • 仮想通貨の取り扱い種類が日本一
  • 購入方法が明確で初心者でも使いやすい
  • ビットコイン取引所の手数料が安い

仮想通貨の取り扱い種類が日本一

現在コインチェックでは、ビットコインを含めて13種類の仮想通貨を取り扱っており、銘柄の数は日本一です。

2017年の1年間でリップル(XRP)は約328倍、ネム(XEM)は約253倍に跳ね上がった将来性の高い仮想通貨を多く取り扱っています。

購入方法が明確で初心者でも使いやすい

コインチェックはサイトが見やすく、仮想通貨の購入方法が明確で使いやすいと定評があります。

購入画面で買いたい仮想通貨の種類を選び、数量を入力し、購入ボタンを押す、という簡単な手順で完了するので、初めて取引する人でもストレスなく購入することができます。

ビットコイン取引所の手数料が安い

コインチェックでビットコインを購入する際、ビットコイン取引所を使えば取引手数料がかかりません。

投資対象がビットコインのみという人であれば、コインチェックのビットコイン取引所を使うのが賢明です。

セキュリティー対策にも力を入れている

コインチェックでは、犯罪目的の不正ログインを防ぐためにセキュリティー対策に力を注いでいます。

ユーザーアカウントが不正ログインによって被害に遭った場合、最大100万円まで補償するサービスを実施しているので、より安全に取引できるようになりました。

コインチェックの補償サービスは、二段階認証の設定をしているユーザーが対象になります。

仮想通貨の安全性に不安を感じて踏み込めなかったという人は、セキュリティー対策が万全のコインチェックでビットコイン投資を始めてみてはどうでしょうか。

コインチェックの手数料は?

コインチェックで仮想通貨取引をおこなう際、入金手数料、出金手数料、取引手数料など様々な手数料がかかります。

例えばコンビニから日本円を入金する場合、3万円未満の入金額で756円の手数料が発生します。

また仮想通貨を外部に送金するときも手数料がかかり、ビットコインであれば手数料は0.0005BTCです。1BTC=100万円とすると手数料は500円ということになります。

手数料を気にせず頻繁に出入金や送金をおこなうと、手数料が高額になってしまうので要注意です。

仮想通貨取引をするときに手数料を抑えるポイントは?

ビットコインなどの仮想通貨を取引するときに、手数料を抑えるポイントは下記の3点です。

  • スプレッドの仕組みを理解する
  • 販売所ではなく取引所を利用する
  • クレジットカードで購入しない

スプレッドの仕組みを理解する

スプレッドとは売値と買値の価格差のことを指します。

例えば仮想通貨の購入価格が10,000円で売却価格が9,000円であれば、スプレッドは1,000円ということです。

スプレッドは実質手数料になりますので、スプレッド分以上の値上がりをしないと利益を出せないという仕組みを覚えておきましょう。

販売所ではなく取引所を利用する

ビットコインを購入する際、販売所か取引所で購入するケースがほとんどになります。

販売所を介して購入すると、スプレッドが大きくなり価格が割高になってしまいます。ユーザー同士が時価で売買できる取引所で購入することが、手数料を抑えるコツです。

クレジットカードで購入しない

コインチェック販売所では、仮想通貨をクレジット払いで購入できるのですが、割高な販売所の購入代金に加えてクレジットカードの決済手数料を上乗せされてしまいます。

手数料を抑えるためには、クレジットカード払いは避けるべきでしょう。

入金手数料を安くしたいなら銀行振込がおすすめ

コインチェックでビットコインや他の仮想通貨を売買するには、まず口座を開設して日本円を入金する必要があります。

入金方法は銀行振込、コンビニ入金、クイック入金から選べるのですが、入金手数料が最も安いのは銀行振込です。

銀行振込での入金は事前に済ませておき、いざというタイミングを逃さず購入するのが投資をする上での重要ポイントです。

手数料を抑える方法をふまえた上で、賢く仮想通貨取引をおこないましょう。

Zaif(ザイフ)の評判|メリット・デメリットと手数料を分かりやすく解説

仮想通貨取引所の国内最大手の一つであるZaif(ザイフ)について気になっている人は多いのではないでしょうか。

ビットコインを始めるときの取引所選びで悩んでいる人の参考までに、ザイフの評判や特徴についてまとめました。

Zaif(ザイフ)の特徴とは?

ザイフはテックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

国内の仮想通貨取引所の中では、取引手数料の安さが評判を呼び登録者数を増やし続けています。

ビットコインの売買手数料がマイナスになる(手数料がもらえる)のが最大のメリットです。

また毎月一定額の仮想通貨をザイフコイン積立や、豊富な種類のトークンを取り扱っているのもトレーダーの間で評価されているポイントです。

ザイフの評判・特徴

  • 取引手数料が安い(マイナス手数料)
  • 積立投資ができる
  • トークンの取り扱い種類が多い

ビットコイン以外の仮想通貨も取引所で購入できる

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)を購入する際、手数料が割高な「販売所」でしか購入できない取引所が多い中、ザイフでは手数料が安く指値注文も可能な「取引所」で買うことが可能です。

現在ザイフが取り扱っている仮想通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ネムコイン(XEM)、ビットコインキャッシュ(BCH)になります。

取引すると手数料がもらえるマイナス手数料を実施している

ザイフは、マイナス0.01%がビットコインの取引手数料になります。

仮想通貨の取引をすると、通常は0.1%〜の手数料を取られるのですが、このマイナス手数料は取引するほど手数料分のビットコインがもらえる仕組みになりますので、ザイフを利用しない手はありません。

そのほか、出入金するときや仮想通貨を外部に送金する際に手数料がかかることがあります。

ビットコイン初心者にはザイフコイン積立がおすすめ

ザイフでは、「ザイフコイン積立」という毎月一定額の仮想通貨を自動的に購入する方法を設けています。

購入金額は同じでも、相場が下がったときはたくさん購入して逆に上がったときは少なく買う仕組みです。

私自身、価格変動のリスクを恐れて購入に踏み切れずにいたときに、この積立から仮想通貨取引を始めた経緯があります。

ザイフコイン積立のような買い方は「ドルコスト平均法」と呼ばれる投資方法の一種で、売買のタイミングが分からない初心者でも安心して取引できます。

なお、ザイフで積立できる仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ネムコイン、モナコインの4種類になります。

ザイフに登録して口座を開設する方法

ザイフを利用して取引するためには、まずはアカウントを作成して口座を開設することから始めましょう。

口座開設の手順は以下を参考にしてください。

  1. メールアドレスを登録してアカウント作成
  2. ログインして個人情報を登録する
  3. 出金口座を登録する
  4. 電話番号認証を設定する
  5. 本人確認書類を提出する

本人確認書類を提出してザイフから届く郵便物を受け取り次第、仮想通貨取引を開始することができます。

なお本人確認書類は運転免許証、マイナンバーカード、パスポートのいずれかが必要です。

ザイフを利用するときの2つの注意点

これからザイフでビットコイン投資を始めようと検討している人に、お伝えしておきたい2つの注意点があります。

  • 本人確認用の書類郵送が遅い
  • アルトコインの取り扱い種類が少ない

  • 本人確認用の書類郵送が遅い

仮想通貨取引所で取引をおこなうためには、登録住所に本人確認書類の郵送が完了してからでないと始めることができません。

書類郵送が届くまでに2週間程度かかる場合もあるので、早急にビットコインを購入したいと思っているなら、すぐに登録作業を始めてください。スマートフォン用アプリからも登録可能ですので、少しでも早く登録をすませましょう。

アルトコインの取り扱い種類が少ない

ザイフでは、アルトコインの種類が少ないこともデメリットに挙げられます。

しかし取り扱っているアルトコインの種類が多ければいいのかと言えば、一概にそうではありません。特に仮想通貨取引をこれから始める初心者は、種類が多すぎると情報が交錯して迷ってしまうかもしれません。

ザイフで取り扱っているモナコインやネムをはじめとするアルトコインは、いずれも将来性が高く試す価値は十分にあります。

アルトコインの取引手数料が安いという観点からも、ザイフで仮想通貨取引を始めてみてはどうでしょうか。

失敗しないビットコインの始め方!初心者でも安心の投資ガイド

ビットコインに関心はあるものの、「難しそう」という理由から始めようか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

ビットコインを始めるときに必要な知識を身につけておけば、投資初心者でも安心してビットコインを始めることができます。

ビットコインを始める前に知っておきたい3つの注意点

これからビットコインを始めようと検討している人は、始める前に知っておくべき3つの注意点があります。

まずは大手銘柄ビットコインから始めよう

仮想通貨の知識に自信のない人が仮想通貨の購入するなら、まずは大手銘柄のビットコインから始めることをおすすめします。

仮想通貨の中には「草コイン」と呼ばれる発展性が不透明なアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)がありますが、将来的に無価値になってしまう可能性もあり、知識のない初心者にはハイリスクであるため避けたほうがいいでしょう。

チャンスを逃さないために口座開設だけはしておく

一時ビットコインは1BTC(ビットコインの単位)200万円を超える最高値を更新して大きな話題を呼びました。

今後は乱高下が予想されますが、チャンスが来たら即座に取引できるように口座開設だけはおこなっておくのが得策です。

リスクを抑えた少額投資から始める

現在も約170〜180万円の高値を推移しているビットコインですが、これから取引を始めるのに180万円をつぎ込む必要はありません。

国内の取引所では、最低取引単位が0.0001〜0.001BTCに設定されており、数百円から数千円程度の売買から取引可能です。

初めてのビットコイン投資で大金を使うことに不安を感じている人は、リスクを抑えた少額取引でまずは投資に触れてみてはどうでしょうか。

今更だけどビットコインとは?

ビットコインとは、インターネット上で使える通貨=お金のことです。

円やドルのように紙幣や貨幣としての実態がないため、仮想通貨と呼ばれています。

円やドルなどの通貨同様にビットコインにも単位があり、1ビットコインは1BTCと表記されます。

ビットコインはインターネットができる環境であれば世界中で使用ができる上、取引次第で多大な利益を得ることができる魅力的な投資商品です。

まずはビットコインの口座を開設してみよう

ビットコインを購入するには、始めにアカウントを作成して取引するための口座を開設する必要があります。

口座開設の手順は取引所によって多少違いはありますが、国内大手の取引所では主に以下の流れで開設することが可能です。

  1. アカウント作成
  2. 本人情報登録
  3. 本人確認書類等の提出
  4. 取引所から郵便物の受取

国内の全仮想通貨取引所ではアカウント開設を無料でおこなうことができます。

口座開設の際に用意しておくべきもの

アカウントの開設ができたら、次は本人確認をおこないます。

ビットコイン取引所に口座を開設するには、氏名、住所、生年月日が確認できる本人確認書類が必要です。

本人確認書類として使える身分証明書は以下になります。

  • 運転免許証(現住所が表面記載と異なる場合は裏面も必要
  • マイナンバーカード(マイナンバー通知カードは利用不可)
  • パスポートまたはビザ(氏名、住居、生年月日の記載があるもの)
  • 在留カード(現住所が表面記載と異なる場合は裏面も必要)
  • 特別永住者証明書

本人確認書類は取引所によって登録方法が異なるので、各取引所の指示に従って登録しましょう。

ビットコインを買ってみる

ビットコインの口座を開設できたら、実際にビットコインを買ってみましょう。

ビットコインの購入方法は、仮想通貨を扱っている取引所や販売所を介する方法と

仲介を通さない個人同士で売買するOTC取引などがあります。

またはクレジットカードやコンビニ、ビットコインATMでも購入することが可能です。

ビットコイン投資はリスクを知っていれば失敗しない!

ビットコイン投資で考えられるリスクは以下の通りです。

  • 価格暴落
  • ハッキングや詐欺

現在、価格が高騰しているビットコインですが、価格が暴落する可能性はゼロではありません。

しかしビットコインはまだ発展途上であり、複数の衛星を使って全ての国でビットコインのやり取りができるようにする「ブロックストリーム・サテライト計画」も発表され、実現すれば利用者が増えてさらに通貨の価値は上がると考察されます。

とは言っても、生活で必要な資金までビットコインにつぎ込むようなことは避け、余剰資金で運用するようにする意識を持つことも重要です。

また最近は仮想通貨のハッキングや詐欺が横行しています。しかしセキュリティレベルの高い大手の取引所を介して取引するのであれば、ハッキング被害に遭う危険性は極めて低いと言えます。

個人同士の売買をおこなうときは公共のWi-Fiの利用を避け、SNS等で儲け話を持ちかけられても信用しないなど、普段から警戒心を持つことが大切です。

これからビットコインを始めるなら、常に最新情報を収集することを心がけて賢く運用しましょう。

ビットコイン取引所の比較ランキング!初心者におすすめの取引所は?

ビットコインに関連するニュースやテレビCMが増え、自分も始めてみようと興味を持った人は多いのではないでしょうか。

しかし、現在ビットコインを扱う国内の仮想通貨取引所は16社ありますので(2017年12月末時点)、素人がをどの取引所を選ぶべきか判断するのが難しいですよね。

今回は、ビットコイン初心者でも安心して使える仮想通貨取引所について紹介したいと思います。

仮想通貨取引所を選ぶときに失敗しないためのポイント

失敗しないビットコイン取引所の選ぶときは下記の5点を意識するようにしましょう。

  • 安全性
  • 入金方法など使いやすさ
  • 取引量の多さ
  • 手数料
  • 取扱商品の種類の豊富さ

仮想通貨はお金=資産ですので、安全性の高さは一番重要なポイントなのではないでしょうか。

取引量が多い取引所であるかも注目すべき点です。取引が多いということは、それだけユーザー数も多いため売買が成立するのが早くなるからです。

ビットコイン投資は安く買って高く売ることで利益を出すので、取引でかかる手数料をなるべく抑えて利ざやを減らさないことが運用のコツになります。

取扱商品の種類については、イーサリアムやリップルなどビットコイン以外にも価値が上がってきている仮想通貨がありますから、あらかじめ仮想通貨の種類が多い取引所を選ぶのが得策です。

ビットコイン取引所の主要各社を徹底比較

ビットコイン取引所の最大手3社についての基本情報は以下の通りです。

取引所名 取扱仮想通貨数 手数料 入金方法
ザイフ 12種類 -0.01% 銀行/コンビニ/クレジットカード
コインチェック 13種類 0円  銀行/コンビニ/ペイジー/クレジットカード
ビットフライヤー 6種類 0円  銀行/コンビニ/ペイジー/クレジットカード

ザイフは取引をするほど手数料がもらえる「マイナス手数料」の制度を設けているほか、希望の金額を積み立てる「ザイフコイン積立」サービスがあるので、積極的に投資するより徐々に増えしたい人にはおすすめです。

コインチェックは扱っている仮想通貨13種類と最も多く、様々な仮想通貨を検討している人に適しています。さらに不正ログインでの損失を最大100万円まで保証してくれるので安全面でも優良取引所であることが分かります。

ビットフライヤーは日本では一番歴史のある取引所で、資本力は国内トップクラスです。ログインするだけでビットコインがもらえるキャンペーンを開催するなど登録するだけでメリットがあるのが特徴です。

初心者でも安心のおすすめ取引所ランキング

上記で説明した取引所を選びのポイントと主要取引所の基本情報を踏まえ、ビットコインを始めるときにおすすめの取引所ランキングを作成しました。

1位 コインチェック
2位 ザイフ
3位 ビットフライヤー
4位 GMOコイン
5位 ビットバンク

上記の主要各社はそれぞれ特徴が異なります。私自身は5社全てに登録して利用目的で使い分けています。

複数の取引所に登録した利益を出せるチャンスを待ちましょう。

海外の取引所も登録したほうがいいのはなぜ?おすすめ取引所は?

国内のビットコインユーザーは、上記で紹介した主要取引所を利用している人がほとんどだと思いますが、国内の取引所はアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)の取り扱いが少ないのが現状です。

国内で最も仮想通貨の取り扱い種類が多いコインチェックが13種類であることに対して、海外では200種類以上の通貨を取引所もあります。

もし将来的にビットコインだけでなく他の仮想通貨も始めることを検討しているなら、取扱通貨の数が多い海外の取引所を登録しない手はありません。

国内取引所はビットコイン以外の取引手数料が割高

上記の比較表でビットコイン手数料について触れましたが、国内取引所で手数料が安いのはビットコインのみだということをご存じでしょうか。

国内の仮想通貨取引所では、手数料が割高になる「販売所」でしか取引できないアルトコインがあるため手数料が高くついてしまいます。

登録しておくべき海外の仮想通貨取引所おすすめ3社

Binance(バイナンス)取扱通貨 80種類以上
Bittrex(ビットレックス)取扱通貨 200種類以上
Kraken(クラーケン)取扱通貨 17種類

海外取引所の利用を避けてしまう要因の一つが英語表記なのですが、バイナンスとビットレックスは日本語に対応しているので安心です。

クラーケンは取扱通貨の種類こそ17種類と少ないものの、日本語対応も万全で日本円での入金もできるメリットがあります。

国内の取引所をメインに海外取引所を使い分けるのがコツ

海外取引所はアルトコインの取引するときに利用価値が高いですが、これから仮想通貨取引を始めるという人は、まずは国内取引所でビットコインを始めるほうが堅実です。

とは言え、アルトコインは将来的に何十倍、何百倍と価値が上がる可能性があります。

国内・海外の取引所をどちらも使えるように準備しておけば、仮想通貨取引で利益を上げるチャンスが広がるということを理解しておきましょう。